国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史 (111)

いまこそ考えるべき「敗者」としての「天皇の正体」

執筆者:関裕二 2019年5月10日
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: 日本
即位を祝う一般参賀で手を振られる天皇、皇后両陛下(C)時事

 

 徳仁親王が即位された。テレビのニュースは、皇室をめぐる話題で持ちきりだ。古代史にかかわる者として、当然のことだが、このところ「天皇とは何か」ばかり考えている。

 なぜ天皇は長くこの国に君臨したのか。こののち、天皇は続いていくのか。国民は、天皇を守っていけるのか……。

 こののち、もし世界中の「王様」がいなくなったとき、「日本はいまだに天皇を推戴しているのか」と、問い詰められるだろう。「なんと、前近代的な」と、批難されるに決まっている。そのとき、日本人は、なんと答えるのだろう。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)、『「死の国」熊野と巡礼の道: 古代史謎解き紀行』 (新潮文庫)など著書多数。最新刊に『神武天皇 vs. 卑弥呼 ヤマト建国を推理する』(新潮新書)、『古代日本人と朝鮮半島』(PHP文庫)、『「始まりの国」淡路と「陰の王国」大阪: 古代史謎解き紀行』(新潮文庫)がある。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top