「多重意思決定」が破綻に追い込む「JDI」元経営陣の告白

執筆者:大西康之 2019年10月28日
資金を準備できるか、それとも法的整理に追い込まれるか……(ジャパンディスプレイHPより)
 

 「日の丸液晶メーカー」ジャパンディスプレイ(JDI)が資金難に喘いでいる。今年4月に発表した増資計画は二転三転。9月には最終契約を結んでいた中国の大手投資会社、嘉実基金管理が離脱を表明し、残るは最大の顧客である米アップルと香港の投資ファンド、オアシス・マネジメント・カンパニーのみになった。9月末に就任した菊岡稔社長は「11月末までに500億円を確保する」としているが、失敗すれば法的整理の恐れもある。

カテゴリ: 経済・ビジネス 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大西康之 経済ジャーナリスト、1965年生まれ。1988年日本経済新聞に入社し、産業部で企業取材を担当。98年、欧州総局(ロンドン)。日本経済新聞編集委員、日経ビジネス編集委員を経て2016年に独立。著書に「稲盛和夫最後の闘い~JAL再生に賭けた経営者人生」(日本経済新聞)、「会社が消えた日~三洋電機10万人のそれから」(日経BP)、「東芝解体 電機メーカーが消える日」 (講談社現代新書)、「東芝 原子力敗戦」(文藝春秋)、「ロケット・ササキ ジョブズが憧れた伝説のエンジニア・佐々木正」(新潮文庫) がある。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top