【特別連載】アフリカ開発会議「TICAD」誕生秘録
【特別連載】アフリカ開発会議「TICAD」誕生秘録 (1)

残された1つの大きな謎

執筆者:白戸圭一 2020年7月18日
タグ: 日本
エリア: アジア アフリカ
 
 
インタビューに応じた小和田氏(筆者撮影)

「1つの事実であっても、人によって違って見える場合があります。これから私がお話しするのは、あくまでも私の目から見たTICAD(アフリカ開発会議)開催へ向けたプロセスです。それでもよろしければ、お話しいたします」

 2020年1月13日の午後。元外務事務次官の小和田恆氏は、東京都内の自宅で筆者にそう切り出した。1991~1993年に事務次官、94年~98年に国連大使、その後2018年まで国際司法裁判所判事を務めた明晰な頭脳は87歳になる現在も衰えを知らず、30年近く昔の出来事について鮮明に記憶していた。

カテゴリ: 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
白戸圭一 立命館大学国際関係学部教授。1970年生れ。立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。毎日新聞社の外信部、政治部、ヨハネスブルク支局、北米総局(ワシントン)などで勤務した後、三井物産戦略研究所を経て2018年4月より現職。著書に『ルポ 資源大陸アフリカ』(東洋経済新報社、日本ジャーナリスト会議賞受賞)、『日本人のためのアフリカ入門』(ちくま新書)、『ボコ・ハラム イスラーム国を超えた「史上最悪」のテロ組織』(新潮社)など。京都大学アフリカ地域研究資料センター特任教授、三井物産戦略研究所客員研究員を兼任。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top