コロナ禍で露呈したプーチン「ロシア式権威主義」の限界

執筆者:マクシム・クリロフ 2021年7月9日
エリア: ヨーロッパ
ワクチン接種を積極回避するロシア国民は「自由すぎる」のか(C)EPA=時事
コロナ禍において「ロシア式権威主義」の不可解な特徴が浮かび上がった。ワクチン接種を積極的に回避する国民に、リバタリアンに近い志向があるというのだ。権威主義とリバタリアニズムという一見相反するものが共存するプーチン体制をひもとく。

 

 一年半以上続くコロナ禍は各国の強みと弱みとともに、それぞれの国の国民性まで露骨に暴いた。想像を絶する厳しい強制措置でウイルスの蔓延を阻止した中国。マスクの着用までが政治性を帯び、コロナ対策を巡って国民が真二つに割れたアメリカ。多くの国と違って最初からロックダウンのような強制措置に対して極めて消極的で、必要最低限の制限だけで次から次へと押し寄せる感染の波を耐え忍ぶ日本。

 2021年6月29日現在、549万人以上の感染者数で世界5位を占めるロシアが示した反応には、いくつかの説明し難い特徴があった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
マクシム・クリロフ 国際ジャーナリスト。1988年ロシア生まれ。モスクワ国際関係大学国際関係学部、一橋大学法学部卒。10年以上にわたり日本と中東を中心に国際情勢を取材し、カーネギー平和財団モスクワセンターへの寄稿も多数
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top