公平な社会を実現するための「新しい社会契約」とは何か

Minouche Shafik『What We Owe Each Other: A New Social Contract』

執筆者:植田かもめ 2021年10月17日
カテゴリ: カルチャー
 
私たちは、所属する社会となんらかの「約束」を交わし、その上で生活している。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの学長を務める経済学者は最新刊で、その「約束」、すなわち「私たちがお互いに対して負っている義務」を「社会契約」と呼ぶ。社会契約が壊れている現代において、公平な社会を実現するためには「問題を大きくすることだ」と筆者は説く。

  私たちの社会は、正しく機能しているだろうか。もしかして知らず知らずのうちに、壊れていないだろうか。本書『What We Owe Each Other』(2021年3月発売)が紹介するある調査によれば、米国・ヨーロッパ・中国・インドや多数の途上国において、5人中4人が「社会システムは自分たちにとって正しく機能していない」と考えているという。

 本書の著者であるミノーシュ・シャフィクは、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの現任のディレクター(学長)である経済学者だ。エジプトに生まれて幼少期に米国へと移住した彼女は、史上最年少の36歳で世界銀行の副総裁に就任し、国際通貨基金(IMF)の副専務理事などを歴任した経歴を持つ。

この記事だけをYahoo!ニュースで読む>>
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
植田かもめ 洋書を中心とした書評家。Webメディアや雑誌への寄稿を行う。フィクション、アート、ビジネス、テクノロジー、科学などジャンル問わずに未訳本を紹介するブログ「未翻訳ブックレビュー」を運営。本業は経営やITのコンサルタント。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top