原油「輸入国転落」インドネシアの危うき未来

執筆者:黒瀬悦成 2004年10月号

石油政策の矛盾を放置してきたツケがインドネシアを襲っている。このままではエネルギー危機さえ誘発しかねない――。[ジャカルタ発]インドネシアは、アジア太平洋地域で中国に次ぐ産油国で、同地域唯一の石油輸出国機構(OPEC)加盟国だ。そのインドネシアが今年三、四月、原油の輸入量が輸出量を上回り、純輸入国に転じる“異常事態”に直面した。「我が国が原油の純輸入国になったというのに、インドネシアの閣僚がOPEC議長を務めている状況はいかがなものか。原油を増産出来る見通しがないのなら、OPECに加盟し続ける意味もない」

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top