国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史 (41)

時代とともに変わった「天皇の役割」

執筆者:関裕二 2013年8月9日
タグ: アメリカ 日本
エリア: アジア

 天皇の戦争責任にまつわるハリウッド映画「終戦のエンペラー」が上映されている。アメリカでは、「日本に甘すぎる」という評価も出ているようだが、日中戦争、太平洋戦争を昭和天皇が主導していたという誤ったイメージは、できれば早く払拭してもらいたいものだ。

 そこで今回は、天皇について考えてみたい。

 そもそも「天皇とは何者なのか」については、いまだにはっきりとした答が、出されていない。

 なぜ天皇は永続したのか、なぜ天皇に歯向かうと恐ろしい目に遭うと信じられていたのか、わからないことばかりだ。

 かつて中世史に溯って網野善彦や今谷明の論争が展開され話題になったが、意見は平行線を辿り、はっきりとした結論は出なかった。

カテゴリ: カルチャー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。武蔵野学院大学日本総合研究所スペシャルアカデミックフェロー。著書に『聖徳太子は蘇我入鹿である』(ワニ文庫)、『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)、『「死の国」熊野と巡礼の道: 古代史謎解き紀行』 (新潮文庫)など多数。最新刊に『神武天皇 vs. 卑弥呼 ヤマト建国を推理する』(新潮新書)、『古代日本人と朝鮮半島』(PHP文庫)、『「始まりの国」淡路と「陰の王国」大阪: 古代史謎解き紀行』(新潮文庫)がある。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top