【木】ウイグル族の聖戦、エボラ

執筆者:フォーサイト編集部 2014年8月21日

本日の更新記事は、高村悟さんの「『内憂内患』の習近平政権 (下)エネルギー戦略の要『ウイグル』の聖戦」です。いくら国際的批判を浴びても中国がウイグル族弾圧を止めないのは、新疆ウイグル自治区が中国のエネルギー政策上、なくてはならない地域だから。それだけに、イスラム教徒であるウイグル族の「聖戦」はさらに激化し、中国にとっての脅威は高まるのでは。

「専門家の部屋」では、「アフリカ」に「『エボラ出血熱』と『アフリカの食文化』の関係」(白戸圭一さん)の新エントリ。アフリカではコウモリを食べますが、エボラウイルスの自然宿主はコウモリとみられており、エボラ出血熱の流行はこの習慣と関係があります。無料公開中です。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top