北朝鮮への送金は止められるのか

執筆者:鷲尾香一 2006年12月号
カテゴリ: 国際 金融
エリア: 朝鮮半島

北に流れ込む資金の「蛇口」を締めるため、金融機関の協力が求められている。一方、朝銀の相次ぐ破綻は大元の「栓」を閉めることに……。「外国為替(海外送金)の事務手続きはどうなっていますか」 十月中旬、関東のある金融機関を二人連れの男が訪ねてきた。地味なスーツを隙なく着こなした男たちは外国為替の担当者を呼び出し、質問を重ねて送金業務の実態をひとつひとつ確かめていく。事務手続きを正確に行なえているか。疑わしい取引を的確に見つけ出し厳正に対処できるか。丸一日かけてすべての確認作業を終えると二人は金融機関を後にした。向かった先は東京・霞が関。二人は金融庁の検査官だった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
鷲尾香一 金融ジャーナリスト。本名は鈴木透。元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで様々な分野で取材・執筆活動を行っている。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top