足利銀行の「受け皿」が見越す地銀再編加速

執筆者:鷲尾香一 2007年2月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

一時国有化されている足利銀の経営譲渡先の選定が始まった。最有力視される地銀連合が不自然な経営参加方法を検討する理由は――。「地銀協の瀬谷会長は一体何を考えているのか」 昨年十二月初め、金融庁の五味廣文長官は怒りを露にしていた。二〇〇三年十一月に一時国有化された足利銀行の「民営化」に関して、政府が保有する株式の売却先となる受け皿金融機関の公募が締め切られていないにもかかわらず、「地方銀行連合を中核とするグループが有力」と何度も報じられたためだ。五味長官が地方銀行協会(地銀協)の瀬谷俊雄会長に釘を刺したのは、「地銀連合グループの検討資料が出回り、あたかも自分たちが有力候補だと宣伝しているように見えた」(金融庁幹部)からだったようだ。受け皿の選定は公平に行なうと宣言している金融庁は、先行報道に神経を尖らせていた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
鷲尾香一 金融ジャーナリスト。本名は鈴木透。元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで様々な分野で取材・執筆活動を行っている。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top