北京「汚染ピック」の憂鬱

執筆者:名越健郎 2007年10月号
タグ: 中国 ドイツ
エリア: アジア

 段ボールの混ざった肉まんはテレビ局のやらせだったが、ブタの廃棄物でつくった肉まん、髪の毛を混ぜた偽しょうゆ、下水から抽出した油で揚げたパンなど「食の中国脅威論」が広がっている。米政府は中国製ペットフードや練り歯磨き、玩具が有毒原料を含んでいるとして使用しないよう消費者に警告。米国の有力大統領候補は競って対中禁輸論を唱えている。 一気に噴出した「食の安全」の問題は根深い。拝金主義に伴う製造業のモラル低下、業者とつるんだ幹部の腐敗、劣悪な衛生意識……。根源には、社会主義市場経済という壮大な矛盾がある。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)、『北方領土はなぜ還ってこないのか』(海竜社)など。
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top