「激安リーマン」に飛びついた野村の巧拙

執筆者:鷲尾香一 2008年11月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

実質三日間で買収という手の早さ。だが、カルタ取りなら「おてつき」ではとの声も……。「ある経済誌が取材に来た時に、野村が経営破綻したリーマン・ブラザーズを買収したことについて感想を聞かれたので、『野村は素晴らしい』と言っておいた。しかし、本音の感想は、『野村もバカなことをしたなぁ』ということだ」 十月一日、野村証券出身で現在、SBIホールディングス代表取締役CEO(最高経営責任者)の北尾吉孝氏は、全社朝礼の席上で、居並ぶ千名近い社員を前にこう述べた。 米国のサブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン)問題に端を発した欧米の金融危機は、国際的な金融機関の再編にまで発展した。九月十五日には米証券四位のリーマン・ブラザーズが経営破綻。リーマンのアジア・太平洋部門と欧州・中東部門、さらにインド拠点を買収したのが、野村証券を傘下に抱える野村ホールディングスだった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
鷲尾香一 金融ジャーナリスト。本名は鈴木透。元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで様々な分野で取材・執筆活動を行っている。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top