宇宙“進出”に熱心な中国 狙いは衛星攻撃の予行?

執筆者: 2008年12月号
タグ: 中国
エリア: 中国・台湾

 中国は九月下旬、有人宇宙船「神舟七号」の打ち上げに成功したが、その目的は衛星攻撃兵器の実験ではないかとの見方が出ている。米国防総省の宇宙兵器専門家らが注目するのは、神舟七号に装着され、宇宙空間に放出された重量約三十キロの「伴飛小衛星」。「伴飛小衛星」の役割について中国当局は「平和的な探査衛星」とし、搭載カメラと送信装置を使って、飛行中の神舟七号の画像を地上に送っていると説明していた。 しかし、前出の専門家らは「伴飛小衛星」が国際宇宙ステーション(ISS)の近くまで接近したことなどから、ISSを標的とするシミュレーション作戦を試みたのではないかと推測している。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top