「プレステ2回収事件」に覗くハリウッド流ビジネスの“真髄”

執筆者: 2000年4月号

 三月十一日未明からインターネット上のある掲示板に次のような書き込みが相次いだ。「プレイステーション2でアメリカのDVDソフトが見られるって本当ですか?」「できましたよ。『マトリックス』の米国版で」 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が三月四日に発売したゲーム機「プレイステーション2」(PS2)で、本来なら観られないはずの海外製DVDが再生できてしまう。ユーザーは「すばらしい裏技」と歓迎するが、事態はそんな単純ではない。 SCEは三月二十九日、出荷済みの百二十五万台について、DVD再生に必要なCD-ROMの回収・交換を発表、四月一日から郵送やコンビニエンスストアで受付を始めた。安価なCD-ROMでも百二十五万本となれば、製造費やコンビニへの回収委託費もバカにならない。十億単位の出費を覚悟の決断だった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top