渡辺喜美(自民党衆議院議員) 派閥を離脱して目指す「現状打破」

執筆者: 2000年12月号
タグ: 日本
エリア: アジア

 森内閣不信任案をめぐる攻防は、結局は何とも肩透かしな結果に終わってしまった。いち早く不信任案賛成を表明(最終的には欠席)して所属する江藤・亀井派を離脱した渡辺喜美衆院議員も、「一人で特攻隊やるわけにもいかないから、非常に残念だったよ」と、「加藤の乱」を総括する。「私と石原伸晃、塩崎恭久の三人は、十月下旬から森退陣、党総裁選の前倒し実施を求めていましたが、数を集められない我々は、国民に訴え、地方議員を巻き込んで党内を変える間接アプローチを取るしかなかった。派閥の親分である加藤さんは正面突破作戦に出たが、結局は子分の面倒を見なければいけない立場が災いしましたね」

カテゴリ: 政治 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top