【金】Frexit、北朝鮮

執筆者:フォーサイト編集部 2017年3月3日
タグ: 金正恩

昨日午後、青柳尚志さんの好評連載「堕ちゆく世界の迷走(78)金融市場が注目しだした『Frexit』の可能性」をアップロードしました。今月のオランダ総選挙、そして4、5月で決まるフランス大統領選の結果次第では、英国のEU離脱Brexitに続いてフランスの離脱Frexitまで起きる可能性があります。

そして今朝は「専門家の部屋」の「朝鮮半島」に、「2つの『レッドライン』を越えた金正恩氏(下)『石炭輸入』を中止した『中国』の真意」(平井久志さん)の新エントリです。金正男氏の死因が化学兵器VXによるもの、とマレーシア当局が断定したことで、北朝鮮はさらなる孤立に追い込まれています。固い「血の結束」があるはずの中国も例外ではありません。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top