【水】北ミサイル(下)、マクロン、ルペン

執筆者:フォーサイト編集部 2017年5月10日
タグ: マクロン

昨日午後、「専門家の部屋」の「安全保障」に下記の新エントリをアップロードしています。

対「北朝鮮ミサイル」防衛論(下)「武力攻撃」にも「国土強靭化計画」を(伊藤俊幸さん)有事法制の中には、国民の生命や財産を守るための「国民保護法」もありますが、実効的な運用をされているかは疑問です。不意の事態に備えるため、自然災害同様「武力攻撃災害」に対しても強靭になるべきです。

 

そして「ヨーロッパの部屋」では、昨日午後から今朝にかけ、フランス大統領選に関する「特集」的な位置づけで、勝利したマクロン、敗れたルペンそれぞれの視点からの分析記事をアップロードしています。

「マクロン圧勝」がフランス政局にもたらすもの(渡邊啓貴さん)マクロン氏の圧勝は、既成政党にノーを突き付ける形になりました。ただそれだけに、組閣や、6月の国民議会選挙に向けて、不安定な政局が続きそうです。

 

フランス大統領選「ルペン」はいかに敗れたか(広岡裕児さん)「極右」とカテゴライズされてきたルペンを支持、投票した人たちは、しかしナショナリストたちではなく、現状の生活に不満を抱く人々でした。EU離脱が争点でもなかったこの勝負、敗因の分析も重要です。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top