【水】韓国新政権(3)、「一帯一路」国際会議

執筆者:フォーサイト編集部 2017年5月31日

昨日午後、「専門家の部屋」の「朝鮮半島」に「韓国『文在寅政権』誕生(3)『衝撃人事』で大ナタを振るう『検察改革』」(平井久志さん)をアップロードしました。時に政権の「刀」となり、時に自己保全のために政権に捜査の手を伸ばしてきた、韓国の検察。新政権はその改革のため、進歩派知識人を秘書官に起用し、バトルが始まりました。

 

そして本日の更新記事は、田中直毅さんの「経済の頭で考えたこと(92)北京の『大開幕式』でわかった『一帯一路』『AIIB』の五里霧中」です。「一帯一路」国際会議の開幕式に出席してわかったこと――それは習近平時代がさらに続くこと、そして一帯一路構想自体が、まだ詰め切れていないということでした。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top