【水】露大物スパイ、マクロン圧勝、株主総会

執筆者:フォーサイト編集部 2017年6月14日

昨日午後、「専門家の部屋」の「インテリジェンス」と「ヨーロッパ」に、下記の2本の新エントリをアップロードしました。

プーチン大統領と極秘来日していた!「クシュナー氏」と秘密会談した「ロシア大物スパイ」(インテリジェンスの部屋・春名幹男さん)肩書は国営の銀行総裁。では経済人かと思いきや、実は大物スパイ――トランプ政権を揺るがす「ロシアゲート」疑惑に絡むこの人物、来日もしていたのでした

 

フランス国民議会選挙:マクロン派「圧勝」で始まる「政治の実験」(ヨーロッパの部屋・渡邊啓貴さん)マクロン大統領率いる「共和国前進」が圧勝した、フランス国民議会選挙。でもこれは「マクロン人気」だからではなく、国民の政治離れが招いたものかもしれません。

 

そして本日の更新記事は、磯山友幸さんの「間もなく集中日『株主総会』今年の焦点は『相談役・顧問』」です。長年「老害」とも批判を受けてきた企業のこの役職。政府の成長戦略も「経営に不透明な影響を及ぼす存在」と指摘。が、頑迷に抵抗する企業もあるようです。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top