【水】北ミサイル(6)、OPECとロシア、
   天武天皇の「慧眼」

執筆者:フォーサイト編集部 2017年12月6日
カテゴリ:

昨日午後、「専門家の部屋」の「朝鮮半島」と「エネルギー」にそれぞれ下記の最新情報をアップしました。

「米本土射程」ミサイルで米朝「大変」(6・了)「時間は残されていない」武力衝突(朝鮮半島の部屋・平井久志さん)モラトリアムへ向かうかとも思われたミサイル発射を、75日ぶりに強行した北朝鮮。一方のアメリカは、韓国との合同訓練でその軍事力を誇示。年末年始が分水嶺となりそうです。短期集中連載最終回

 

協調減産「OPEC総会」共同会見「サウジ」「ロシア」の重要コメント(エネルギーの部屋・岩瀬昇さん)産油国の協調減産を決定した、今年のOPEC総会。終了後の記者会見ではいったいどんな質疑応答があったのか、詳しく解説します。

 

そして本日の更新記事は、関裕二さんの好評連載「国際人のための日本古代史」第93回「『信濃』に着目した天武天皇と海の民の『慧眼』」です。今朝アップ。あまり知られていませんが、天武天皇は「信濃」に副都を築こうとしていました。なぜ信濃なのか、そこには驚くべき慧眼がありました。

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top