【木】経済学者と日米開戦、EU「難民問題」、
   オウム「中川智正」

執筆者:フォーサイト編集部 2018年7月12日
カテゴリ:

 

昨日午後、以下の2本をアップロードしました。

 

【ブックハンティング】「経済学者は開戦に反対した」神話の「嘘」(片山杜秀さん):片山杜秀さんは、「軍人の非合理vs.軍人以外の合理」の古くささが、牧野邦昭『経済学者たちの日米開戦』(新潮選書)によってまた明らかになったと喝破します

 

EU「移民映画」から考える多文化共生の「不協和音」(下)(長谷川康志さん):そもそも「多文化共生」という言葉は、どういう経緯で使われるようになったのか――。そこには日本独特の「特殊事情」があり、むしろ本来的な意義からはかけ離れたものでした。

 

17時にはトランプ「今日のつぶやき」も更新しています。

 

そして今朝の更新記事は、野嶋剛さんの「面会続けた老教授が明かす『中川智正死刑囚』最期の言葉と『VXガス論文』への固執」です。死刑が執行されたオウム真理教元幹部、中川智正元死刑囚と親交のあった米コロラド州立大学のアンソニー・トゥ教授が、「最期の言葉」を明かしてくれました。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top