饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(242)

日韓和解に尽力「金鍾泌元首相」の「遺言」

執筆者:西川恵 2018年7月18日
エリア: 朝鮮半島 日本
小渕恵三元首相(右から2人目)主催の晩さん会で歓談する韓国の金鍾泌首相(右から3人目)ら。左は熱唱する小林幸子さん (C)時事
 

 韓国元首相の金鍾泌(キム・ジョンピル)氏(享年92)が6月23日、老衰のため死去した。同氏は2017年12月、「『金鍾泌証言録』日本語版」(新潮社)を日本で出版。朋友の中曽根康弘元首相も出席した出版報告会に、金氏は体調もあって来日できなかった。この時寄せた「韓国と日本は過去を乗り越え、未来志向の姿勢に転換することが求められている」とのメッセージが、両国への遺言となった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)、さらに『知られざる皇室外交』(角川書店)が発売中。
クローズアップ
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top