全ビジネスマンに捧ぐ!
ルーベンス先輩に学ぶ「仕事の流儀」

執筆者:フォーサイト編集部 2018年11月27日
エリア: ヨーロッパ
ペーテル・パウル・ルーベンス《エリクトニオスを発見するケクロプスの娘たち》 1615-16 年 油彩/カンヴァス ファドゥーツ/ウィーン、リヒテンシュタイン侯爵家コレクション ©LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz-Vienna
 

 現代と同様にグローバル化と成果主義が進んだ17世紀ヨーロッパを巧みにサヴァイヴした画家ペーテル・パウル・ルーベンス。国立西洋美術館で開催されている「ルーベンス展―バロックの誕生」(2019年1月20日まで)でもわかるように、ルーベンスはフランドル絵画の巨匠と呼ばれる人物だ。しかし、実は、5カ国語を操るマルチリンガルの外交官としても輝かしい実績を残している。彼は技術と教養と人柄の合わせ技で、ヨーロッパの美術界に君臨した超ハイスペックの画家だったのだ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top