カジノ「PR戦略」だった「大阪万博」の危うさ

執筆者:鷲尾香一 2019年1月23日
エリア: 日本
人工島「夢洲(ゆめしま)」の2025年国際博覧会(万博)会場予定地(手前)(C)時事

 

 2018年も国内では様々な出来事があったが、中でも印象的だったものの1つに、11月末に発表された「2025年の大阪万博」の開催決定がある。大規模万博としては2005年の愛知万博以来20年ぶり、大阪の開催は1970年以来実に半世紀以上の55年ぶりだけに、大きな明るい話題となった。

 当然ながら、関西圏には観光客も含めた大規模な波及効果が見込めるだろうし、だからこその誘致でもあった。しかし、この大阪万博の開催にはそれ以上に、2014年当時、万博誘致の検討に着手した橋下徹大阪市長と松井一郎大阪府知事の“深謀遠慮”が隠されている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
鷲尾香一 金融ジャーナリスト。本名は鈴木透。元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで様々な分野で取材・執筆活動を行っている。
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top