タイ大型インフラ・プロジェクトは「米中対立」新火種か

「暫定」の2文字が取れても「安定」とはいかなそう……(C)EPA=時事

 

 タイでは、最終的に総選挙が3月24日に実施されることが明らかになり、プラユット・チャンオチャ暫定首相の事前運動も一層の熱を帯びてきたようだ。全国各地に出向いて、クーデター以来の暫定政権の成果を説く彼の姿を、タイのメディアは連日伝えている。

 早くも総選挙後を想定しているのだろう。プラユット暫定政権は貧困農民対策、教育改革から「EEC(東部経済回廊)」建設に絡んだ大型インフラ建設――中国との協力による高速鉄道建設やバンコク周辺の3国際空港を結ぶ高速鉄道建設など――野心的で大規模な社会経済建設を次々に打ち出している。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
樋泉克夫 愛知県立大学名誉教授。1947年生れ。香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士課程を経て、外務省専門調査員として在タイ日本大使館勤務(83―85年、88―92年)。98年から愛知県立大学教授を務め、2011年から2017年4月まで愛知大学教授。『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。
クローズアップ
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top