北極冒険家「極地便り」
北極冒険家「極地便り」(1)

41歳「冒険家」が若者と挑む「北極ウォーク」600キロ!

執筆者:フォーサイト編集部 2019年3月25日
タグ: 日本
エリア: 北米 アジア その他
「冒険ウォーク」のチームには日本でのサポート係も。中央が荻田氏。訓練中の北海道恵庭市にて(荻田氏提供)

 

 3月25日夕刻、1人の冒険家と12人の若者が「北極」へ飛び立つ。目指すはカナダ北東部バフィン島。面積50万平方キロメートルという日本の国土よりも広い大きな島を、1カ月かけて歩くという。

ついに到達した南極点

 冒険家の名は荻田泰永、41歳。そう聞いて「南極」を思い浮かべる人もいるだろう。彼が南極点への「無補給単独徒歩」に挑戦し、日本人で初めて成功したのは2018年1月のこと。「植村直己冒険賞」を受賞し、一躍脚光を浴びた。あれから1年余り、今度は「単独」ではなく「チーム」で北極に挑むわけだが、本来、北極こそが彼の主戦場だ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top