世界漫遊「食考学」の旅
世界漫遊「食考学」の旅 (19)

【アモイと金門】カキオムレツと鄭成功の謎

執筆者:野嶋剛 2019年5月24日
カテゴリ: 国際 政治 文化・歴史
エリア: 中国・台湾 日本
「これぞカキオムレツ」という小金門のカキオムレツ(筆者提供、以下同)

 

 死ぬ前に食べたいものを3つ挙げよと言われたら、その1つに入る食材がカキである。カキは焼いてよし、生でよし、揚げてよし、という大変、料理のしがいのある食材だが、私が1番好きなのは実は油で炒めたカキの料理だ。熱を加えて倍加したカキの旨味。カキフライほどは油っこくもない。日本であまり食べられる店がないので、中華圏に行くとカキ炒めをつい注文してしまう。

 そのカキ炒めの発展形と言ってもいい料理が、台湾の「蚵仔煎(オアジエン)」である。この料理の日本語訳は、すでに「カキオムレツ」が定着している。しかし、私の感覚では、オムレツではなく、お好み焼きに近い。この料理は、炒めたカキにサツマイモ粉(片栗粉でも代用可)を絡めて、卵でコーティングする。腹持ちもよく、大人から子供にまで好かれる料理だ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、「台湾とは何か」(ちくま新書)。訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。最新刊は「タイワニーズ 故郷喪失者の物語」(小学館)。公式HPは https://nojimatsuyoshi.com
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top