世界漫遊「食考学」の旅
世界漫遊「食考学」の旅(21)

【香港】「混沌たる香港」の混沌たるワンタン麺とデモ

執筆者:野嶋剛 2019年6月21日
エリア: 中国・台湾
「新聞自由」に貢献した一杯(筆者提供、以下同)

 

 中国に「民以食為天」という古くから今日まで語られ続けてきた名句がある。民は食を以って天と為す。つまり、民にとって天下国家は食べられてこそなんぼ、ということで、確かに中国人の価値観の1つを言い表しているところがある。

 いまの中国政府が民に強いている「経済が成長しているのだから、共産党の一党独裁には文句を言うな」という暗黙のルールとも、底流でしっかりつながっている。

 中国共産党はそのルールを、大陸から「一国二制度」の香港に適用しようとしている。これ以上の「民主」は唱えるな、中央政府に挑戦するな、さすれば繁栄は保証しよう。一昨年、返還20周年を記念して香港を訪れた習近平中国国家主席は、そう語った。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、「台湾とは何か」(ちくま新書)。訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。最新刊は「タイワニーズ 故郷喪失者の物語」(小学館)。公式HPは https://nojimatsuyoshi.com
クローズアップ
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top