【水】日本「移民政策」、米「サイバー攻撃」

執筆者:フォーサイト編集部 2019年7月24日

昨日午後から以下の記事をアップロードしています。

トランプ政権同様「親子分離」を進める日本「移民政策」の現場(平野雄吾さん):非正規移民に対する強硬策で批判を浴びるトランプ政権ですが、実は日本でも「移民の親子分離」などが行われています。水面下で進む日本の「ゼロ・トレランス」には政府の本音が隠されているのです。

 

17時には『トランプ「今日のつぶやき」』(藤原朝子さん)も更新!「イランがCIAのスパイを捕まえたという報道は嘘だ」とトランプ大統領。イランのメディアによると、CIAに勧誘され情報収集に当たっていた17人のイラン人が拘束され、数名に死刑判決が出たとのこと。緊張は高まる一方です。

 

そして今朝の更新記事は、山田敏弘さんの『ホルムズ海峡緊張で高まる米国の対イラン「サイバー攻撃」現実味』です。米国がイランを攻撃するなら「武力」よりも「サイバー」――。そんな見方が広がっています。実際、イラン政府がサイバー工作などに当たっていたCIAのスパイを拘束したと発表。過去にも核施設へ大規模なサイバー攻撃を仕掛けているのです。

 

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top