【金】ムハンマド皇太子、ボルトンとアフガン

執筆者:フォーサイト編集部 2019年9月13日
タグ: CIA タリバン

昨日午後、以下の記事をアップロードしました。

今度は「エネルギー相」も解任「王族初抜擢」ムハンマド皇太子の思惑と成否(エネルギーの部屋・岩瀬昇さん):サウジ最大の米びつ会社「サウジアラムコ」会長を解任されたばかりのエネルギー大臣が、大臣職も解任されました。そして後任には不文律を破り、史上初の王族が。まさに激変、いったい何が!?

 

17時には、『トランプ「今日のつぶやき」解説付!』(藤原朝子さん)も更新しています。9.11の追悼よりFRB批判、世論調査批判、壁問題、そして対中関税引き上げ延期の「善意」アピールに力を注いだ11日でした。

 

そして本日の更新記事は、こちらです。

ボルトン解任前に「CIA」は協力拒否:アフガン和平「歴史的会談」画策したトランプ(インテリジェンスの部屋・春名幹男さん):ボルトン補佐官の突然の解任。その直接のきっかけはタリバンとの和平会談でしたが、そもそもこれ、トランプ大統領の思いつきで画策されたものだったのです。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top