CIAで「ガラスの天井」を破った女傑の素顔

【特別対談】『CIAスパイ養成官 キヨ・ヤマダの対日工作』著者・山田敏弘×『相棒』脚本家・真野勝成

執筆者:フォーサイト編集部 2019年9月20日
エリア: 北米 日本
キヨ・ヤマダの素顔に迫る――(撮影:菅野健児)

 

CIAノンフィクションであるとともに、1人の女性の物語でもある――

 米ワシントンD.C.のアーリントン国立墓地に眠るその日本人女性の名前は、キヨ・ヤマダ。1922年に東京で生まれ、戦後に渡米して軍人と結婚し、国務省に長らく勤めて2010年に他界した――というのは表向きの経歴だ。実際はCIA(米中央情報局)のスパイを養成する語学インストラクターだったのだという。

 この度刊行された山田敏弘さんの『CIAスパイ養成官 キヨ・ヤマダの対日工作』(新潮社)は、そんな彼女の半生を綴ったノンフィクションである。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top