【金】カザフスタン、英総選挙「舞台裏」(上)

執筆者:フォーサイト編集部 2019年12月20日
カテゴリ:

昨日午後、以下の記事をアップロードしました。

7歳少女まで「賄賂」を理解「カザフスタン」の驚愕「社会システム」(フォーサイト編集部):カザフスタンと聞いてどんなことを連想しますか?「旧ソ連国」「パミール高原」「未来都市」「最近大統領が変わった国」。いろいろなイメージがあると思いますが、「賄賂」を思い浮かべる人はあまりいないはず。実はカザフスタンでは、日常生活のあらゆる場面に「賄賂」が登場するのだそうです。アジア経済研究所・岡奈津子さんの近著『〈賄賂〉のある暮らし 市場経済化後のカザフスタン』は、そんなカザフスタンのちょっと可笑しくて、でもかなり深刻な社会システムにについて調査した良書です。

 

17時には、『トランプ「今日のつぶやき」解説付!』(藤原朝子さん)も更新しています。「何もしない極左民主党による大嘘。これはアメリカに対する攻撃、共和党に対する攻撃だ」。弾劾決議が可決され、怒りが収まらないトランプ大統領。「応援団」の発言を引用し、あの手この手で「弾劾=インチキ」と印象づけようとしています。

 

そして今朝の更新記事は、こちらになります。

「保守党圧勝」の舞台裏「ブレグジット総選挙」現地レポート(上)(ヨーロッパの部屋・国末憲人さん):ジョンソン首相率いる保守党が圧勝した英総選挙。保守党優位と見られていたとはいえ、労働党が巻き返すことなく、なぜ「圧勝」となったのか。ブレグジットが最大の争点となった選挙の舞台裏を、現地ロンドンから国末憲人さんが2回にわたって詳細にレポートします。

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top