【木】反論(下)、スパイ「対談」(上・下)、
   「黒田日銀」の決断

執筆者:フォーサイト編集部 2020年3月5日
カテゴリ:

昨日午後、下記の記事をアップロードしています。

「人手不足」と外国人 (47)「偽装留学生」記事「撤回要求」への反論(下)(出井康博さん)筆者・出井さんへの批判は正当なものなのでしょうか。第三者の意見も紹介しつつ、留学生への「日本語教育」「日本語能力判定」の何が問題なのかについて論じます。

 

【特別対談】「三菱電機」「ソフトバンク」が突きつけた「スパイ天国」日本の脆弱性(上)(山田敏弘さん、小泉悠さん)「三菱電機」へのサイバー攻撃と、ロシアの「ソフトバンク」へのスパイ工作――。日本の脆弱性を突きつけた2つの事件からは、どのような課題が見えてくるのか。『世界のスパイから喰いモノにされる日本』(講談社)を上梓した国際ジャーナリストの山田敏弘さんと、ロシア軍事専門家の小泉悠さんの特別対談です!

 

【特別対談】「三菱電機」「ソフトバンク」が突きつけた「スパイ天国」日本の脆弱性(下)かねて「スパイ天国」と評される日本ですが、そう呑気なことも言っていられません。かといって、日本に「CIA」や「MI6」のような本格的なインテリジェンス機関をつくるのも難しいでしょう。それなら何ができるのか、日本の強みはどこにあるのか。

 

17時には、藤原朝子さん翻訳解説の「トランプ『今日のつぶやき』解説付!」スーパーチューズデーのトランプツイッターは、「ミニ・マイク」連発。「バイデンの勝利」ではなく「ブルームバーグの敗北」を印象づける戦略のようですが、世間はもちろんバイデン一色です。

 

そして今朝の更新記事は、鷲尾香一さんのこちら。

「新型コロナ対策」米FRB「緊急利下げ」で迫られる「黒田日銀」の決断新型コロナで世界経済に深刻な影響が広がる中、いち早くFRBが金利引き下げを緊急断行しました。そして世界が注目するのは、日本の対応。

引くに引けないまま緩和策を続けている黒田日銀に、大胆な決断が求められています。
無料公開中!

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top