【火】トランプ「怠慢」、オイルサンド、
   プーチン「危機一髪」

執筆者:フォーサイト編集部 2020年4月7日
カテゴリ:

昨日午後、次の2本の記事をアップロードしました。

死者20万人以下なら「いい仕事」:大統領の怠慢と不規則発言で混乱極まる米国(インテリジェンスの部屋・春名幹男さん):今や「新型コロナ大国」となってしまったアメリカ。その背景には、トランプ大統領の能天気ともいえる発言と行動があり、国民を苦しめているのです。よりによって死者20万人以下なら「いい仕事」だなんて……。

 

「シェール」より危機「オイルサンド」救済で「関税措置」は無駄(エネルギーの部屋・岩瀬昇さん):「オイルサンド」ってご存じでしょうか? 原油を含んだ砂岩のことですが、埋蔵量はそれなりにあっても、生産コストが高いため、実はシェール以上にこの「供給過剰」「価格戦争」下では壊滅的打撃を受けます。で、政治家が極めて「政治的な」動きをしているのですが――。

 

そして本日の更新記事は、こちら。

「新型コロナ」感染急増でプーチン大統領も「危機一髪」(ロシアの部屋・名越健郎さん):新型コロナの感染は、ロシアでも拡大しています。中でも衝撃的だったのは、のちに感染が判明した医者とプーチン大統領との「濃厚接触」でした。現在「遠隔勤務」中ですが、憲法改正や外交など、難問山積です。

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top