日本「排除」ポルトガル「許可」コロナ禍で違い過ぎる「非正規滞在者」対策

執筆者:平野雄吾 2020年6月22日
タグ: 新型コロナ
エリア: アジア
4月25日に女性収容者への暴力的な制圧事件のあった東京出入国在留管理局。強制退去の対象となった外国人の収容長期化は際限なく進んでおり、精神疾患を患う外国人も多い (筆者撮影、以下同)

 

 新型コロナウイルスの流行は、世界各地で「入管収容」問題を改めてクローズアップさせた。

 強制退去の対象となった外国人を送還に向けて身柄拘束するのが、入管収容の本来の目的だ。しかし、感染対策で各国が国境を閉じたにもかかわらず、日本や欧米諸国の多くで入管当局は収容を続けた。

 密集、密閉、密接状態となる入管施設で、各国の収容者は感染リスクを恐れて抗議をしたが、日本やフランスでは、そうした抗議活動を力ずくで制圧する強硬策も取っている。

カテゴリ: 社会
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平野雄吾 1981年東京都生まれ。一橋大学大学院経済学研究科修了後、2006年共同通信記者。前橋支局、福島支局、外信部、カイロ支局などを経て、2017年8月から特別報道室で在日外国人をめぐる諸問題を取材。2019年2月から外信部所属。共著に『労働再審②越境する労働と〈移民〉』『東日本大震災復興への道―神戸からの提言  震災復興・原発震災提言シリーズ1』など。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top