「ポスト・コロナ」時代にどうなる「米中関係」「中東・ロシア」(上)

【特別採録】東大先端研「白熱オンライン会議」

執筆者:池内恵 2020年6月23日
まさに白熱した議論となった。現在「YouTube」でも公開中。(左から川島氏、坂元氏、杉田氏、小泉氏、池内氏)
 

 以下に掲載するのは、「東京大学先端科学技術研究センター」で、2020年6月6日に、池内恵(グローバルセキュリティ・宗教分野教授)が発案・司会し、「Zoom」で講演会を行う機能である「ウェビナー」の形式で開催したオンライン・パネルディスカッション「ポスト・コロナ 新時代の国際秩序を考える:米中体制間競争と中東・ロシア」の発言要旨である。

 発言要旨と言っても、お役所の会議の議事要旨のような、項目だけを並べたものではない。かと言って、口頭発表の発話を逐語的に全て書き起こしたものでもない。発言者の意図や目的を踏まえ、余談や言い間違えなどは適宜端折りながら、講演の主題となる部分を重点的に抜き出して要約し、パネルディスカッションを文章で再構成したものである。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター、グローバルセキュリティ・宗教分野教授。1973年生れ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より東京大学先端科学技術研究センター准教授、2018年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、『【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』 (新潮選書)、 本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top