灼熱 評伝「藤原あき」の生涯

灼熱――評伝「藤原あき」の生涯:連載を終えて

執筆者:佐野美和 2020年9月21日
タグ: 日本
エリア: アジア
まだ戦争前、家族そろって洋行から帰国した頃(下関市「藤原義江記念館」提供)
 

 9月14日、自民党の両院議員総会にて菅義偉氏が自民党新総裁に選出され、16日、衆参両院において第99代内閣総理大臣に指名された。

 菅氏はじめ他の2人の候補者も登壇し、互いの闘いをたたえ合うかのようにつないだ手を高らかに挙げた。

 かつて日本の高度成長期、総裁公選の場で敗れた藤山愛一郎は勝者の佐藤栄作と壇上で向かい合ったが、いつもは穏やかな藤山が恒例の握手を拒否した。

 藤山に1票を投じた客席の藤原あきも、屈辱に耐えながらそれを見守っていたのであろうと、50年以上前の総裁選に思いを馳せてみた。

カテゴリ: 社会
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
佐野美和 政治キャスター。東京都八王子市出身。株式会社チェリーブロッサムインターナショナル代表取締役。大学在学中、フジテレビの深夜番組として知られる『オールナイトフジ』のレギュラーメンバー「オールナイターズ」の一員として活躍した。1992年度ミス日本に選ばれる。TBSラジオのパーソナリティ、TBSラジオショッピングの放送作家を経て、1995年から2001年まで八王子市議会議員として活動。以後はタレントとしてテレビ出演のほか、講演会も精力的に行う。政治キャスターとしてこれまで600人以上の国会議員にインタビューしている。主な書籍に『アタシ出るんです!』(KSS出版)、『あきれたふざけた地方議員にダマされない!』(牧野出版)などがある。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top