失敗なら「大暴落」「債務超過」も「日銀」保有ETFの出口戦略

執筆者:鷲尾香一 2020年12月25日
タグ: 日本 日銀
エリア: アジア
いつまでも「日本最大の株主」ではいられないが、といって簡単に処理もできず……黒田日銀総裁はどうするのか (C)時事

 

 日本銀行がETF(上場投資信託)の買い入れを開始してから10年が経過したことで、多くのメディアが問題点などを指摘している。そこで日銀保有のETFの現状を検証し、当面の方向性を探ってみる。

 筆者は2018年4月20日の拙稿『日銀「出口戦略」に立ちはだかる「18兆円爆弾」の処理方法』で、その問題点と日銀保有のETF処理方法として、ETFを日銀の勘定から切り離し、独立した機構に買い取らせ、長期間をかけて売却する方法をいち早く提案している。問題点については、そちらをご覧頂きたい。

カテゴリ: 政治 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
鷲尾香一 金融ジャーナリスト。本名は鈴木透。元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで様々な分野で取材・執筆活動を行っている。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top