【Exclusive】インドで広がる「人民元建て」対ロシア貿易

2022年7月1日
エリア: アジア 中東
中国にとっては人民元の国際化でドル支配の切り崩しも促進できる (C)REUTERS/Amit Dave
ウクライナ侵攻後の経済制裁によって、ドル建ての国際決済システムから事実上、締め出されたロシア。だが、インド最大のセメントメーカーがロシア産石炭の輸入代金を人民元で支払っていることが明らかになった。ドバイを取り引きのハブにした「インド―中国―ロシア貿易」が広がる可能性がある。

[ニューデリー発(ロイター)] インド最大のセメントメーカー「ウルトラテック・セメント」がロシア産石炭の輸入代金を中国人民元で支払っていることが、ロイターの閲覧したインドの税関資料で分かった。今後、人民元での貿易決済が広がる可能性がある。

 この書類によれば、ウルトラテックが運び込もうとしている15万7000トンの石炭はロシアのSUEK社のもので、ロシア極東のバニノ港から貨物船「MV Mangas」に積み込まれた。金融分析データを提供する「Refinitiv Eikon」の船舶追跡データによると、Mangas号は現在、インド北西部のカンドラ港付近に停泊している。6月5日付けのインボイスは、貨物価格を1億7265万2900元(2581万ドル)としている。

カテゴリ: 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top