悪名高きグアンタナモ収容所「閉鎖」までの遠き道のり

執筆者:クリス・クラウル 2009年4月号
エリア: 中南米 北米

[ボゴタ発]バラク・オバマ米大統領は就任二日後の一月二十二日、キューバのグアンタナモ米海軍基地にあるテロ容疑者収容所の一年以内閉鎖を指示したが、正念場はこれからだ。現在も残る二百四十三人の収容者のうち誰を訴追するのか、訴追しない者をどこに移送するか、の二つの難題が立ちはだかっているからだ。 米西戦争の結果、二十世紀初頭に米国の租借地となったため、グアンタナモ基地は米国と対立するキューバに存在し続けている。その中にある収容所は、ブッシュ前政権の対テロ戦争の象徴的存在だった。元々は海上で保護されたハイチやキューバからの難民を収容する施設だった。だが、二〇〇二年一月以降、その門を通ったのは、目隠しをされ手錠をかけられた八百人もの「テロ容疑者」。大半は、〇一年九月十一日の米同時多発テロを受けて米軍が侵攻した、タリバン政権下のアフガニスタンから連れてこられた。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top