インド州議会選「与党大敗」で「モディノミクス」への影響

 10月中旬から5回に分けて投票を実施していたインド北部・ビハール州の州議会選挙は11月8日に開票され、地域政党ジャナタ・ダル統一派(JD-U)とそのライバル政党の民族人民党(RJD)、そして前中央与党の国民会議派の3党による大連合(マハーガート・バンダン)が、定数243議席中178議席の安定多数を獲得する圧勝劇を演じた。

 

「大連合」の選挙協力が結実

 人口1億人を超す巨大州ビハールはブッダの足跡が残る仏教揺籃の地として知られるが、長年の汚職や失政によって低開発に甘んじてきた。近年ではJD-Uを率いるニティシュ・クマール州首相のリーダーシップによって、西部グジャラート州などに見劣りしない高成長を達成していた。それだけに、ビハール州議会選の結果は一連のインド経済改革「モディノミクス」の行方も左右すると注目されていた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top