国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史 (72)

「天武天皇」ゆかりの「吉野」になぜ桜が多いのか

執筆者:関裕二 2016年3月8日
タグ: 日本
エリア: アジア

 桜の季節の日本列島は、1年でもっとも美しい。絢爛に咲き誇り、はかなく散っていく桜……。日本人の美意識、死生観にこれほど合う花は、ほかにない。
 花は散り、そして1年の流転ののち、ふたたびこの世にもどってくる。おそらく、旧石器時代や縄文時代から継承されたアニミズム、多神教的宗教観と桜は、うまく合致したのだろう。
 西行の有名な、
 「ねがはくは 花のしたにて 春死なん そのきさらぎの もち月のころ」(『山家集』)
 も、桜に対する、日本人固有の意識が表されている。近代に至っても、梶井基次郎は、
 「桜の樹の下には屍体が埋まっている!」(新潮文庫『檸檬』に収録の『桜の樹の下には』より)
 と、研ぎ澄まされた感性で桜の神秘性を表現している。日本人にとって、桜は特別な存在なのだ。

カテゴリ: カルチャー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。武蔵野学院大学日本総合研究所スペシャルアカデミックフェロー。著書に『聖徳太子は蘇我入鹿である』(ワニ文庫)、『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)、『「死の国」熊野と巡礼の道: 古代史謎解き紀行』 (新潮文庫)など多数。最新刊に『神武天皇 vs. 卑弥呼 ヤマト建国を推理する』(新潮新書)、『古代日本人と朝鮮半島』(PHP文庫)、『「始まりの国」淡路と「陰の王国」大阪: 古代史謎解き紀行』(新潮文庫)がある。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top