【水】原発「統廃合」、トルコ、FBI捜査「裏面」

執筆者:フォーサイト編集部 2016年11月9日
タグ: FBI

本日の更新記事は、杜耕次さんの「原発『統廃合』の迷路:電力は『反対』メーカーは『推進』」です。「国策」として打ち出された東京電力の電力事業解体案。他の電力会社は一斉に反対ですが、仕事が激減している原発メーカーは賛成。もはや国が笛を吹いても踊り手の足並みはそろいません。

 

また、昨日午後から今朝にかけ、「専門家の部屋」の「インテリジェンス」と「中東」に下記の2本の新エントリがあります。

「トランプ支持派捜査官」のガス抜きか:FBI「クリントン再捜査」の裏面(インテリジェンスの部屋・春名幹男さん)10月末に突如始まり、そしてあっけなく終結したクリントン氏のメール再捜査。そのウラには、FBI内部にはびこる「トランプ支持派」の存在がありました。

 

エルドアン大統領の「ローザンヌ条約否定」発言が不穏な理由(中東の部屋・池内恵さん)現在のトルコの主権国家としての地位を国際的に認めさせたローザンヌ条約。エルドアン大統領は最近この条約の効力を疑う発言を繰り返し、近隣諸国の警戒を招いています。オスマン帝国への郷愁が、扮装の種をまいている形です。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top