ロシア「地下鉄爆破テロ」:イスラム系移民の「不満」も一因か

執筆者:フォーサイト編集部 2017年4月6日
エリア: ヨーロッパ
 
4月3日、ロシア・サンクトペテルブルクの地下鉄工科大学駅前で、爆破事件の犠牲者を追悼し、献花するプーチン大統領 (c)AFP=時事

 

 14人が死亡し50人以上が負傷した、ロシア・サンクトペテルブルクの地下鉄爆破テロ事件。プーチン大統領は同時刻、ルカシェンコ・ベラルーシ大統領との会談のため滞在中で、しかも出身地というお膝元のサンクトペテルブルクでのテロ、そして実行犯とされる容疑者がチェチェンや北カフカスではなく、中央アジア・キルギス出身の移民だったことなど、プーチン政権に与えた衝撃は大きい。このテロの背景にはいったい何があるのか、拓殖大学海外事情研究所教授で、「専門家の部屋」の「ロシア」運営者である名越健郎氏に聞いた。

カテゴリ: 政治 社会
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top