【月】日銀、政局、軍事2本、小説、安倍窮地

執筆者:フォーサイト編集部 2017年7月31日
タグ: 日銀 自衛隊

先週金曜午後から週末にかけ、下記の記事を連続アップロードしています。

日銀「敗軍の将」黒田総裁は今こそ「兵を語る」べし!(鷲尾香一さん)就任時に自らが設定した目標を6度も先送りし、ついに任期までに達成できないと「宣言」した総裁。市場に対して説明責任を果たさねば、来たるべき「出口戦略」で大混乱必至です。

 

深層レポート 日本の政治(202)「安倍一強体制」の揺らぎで動き出した「自民党内政局」蓮舫代表が辞任に追い込まれた民進党も危機的状況ですが、稲田防衛相辞任で任命責任問われる安倍政権も風雲急。自民党内でも政局の動きになっています。

 

軍事のコモンセンス(26)軽視されてはならない「兵站」の重要性(上)(冨澤暉さん)帝国陸海軍が軽視しがちだったものーーそれは兵站でした。そのせいで犠牲が大きくなったのも事実ですが、戦後大きく変わりました。

 

軍事のコモンセンス(27)軽視されてはならない「兵站」の重要性(下)(冨澤暉さん)自衛隊は兵站の充実を目指し、それは東日本大震災で結果を出しました。が、まだまだ課題もあります。

 

連載小説 Δ(デルタ)(15)(杉山隆男さん)巡視船「うおつり」を乗っ取った、中国人の「愛国義勇軍」。だが早くも仲間割れの兆候が――。

 

そして本日の更新記事は、青柳尚志さんの好評連載「堕ちゆく世界の迷走(83)『安倍窮地』『蓮舫・稲田辞任』でどう動く政局『夏の乱』」です。蓮舫辞任で迷走する民進党ですが、自民党も稲田防衛相辞任でさらに支持率下げ止まりがおさまりません。3日予定の内閣改造でも浮上が期待できず、いよいよ政局混迷。

 

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top