【木】マクロン「革命」(下)、中東通信、
   ロシアの「執念」

執筆者:フォーサイト編集部 2017年10月5日
タグ: マクロン

昨日午後、「専門家の部屋」の「ヨーロッパ」に「『マクロン大統領』の150日(下)『好景気』で問われる改革の真価」(渡邉啓貴さん)をアップロードしました。労働法典の改正を皮切りに、次々と進められる予定の「マクロン改革」。好調な景気が、その後押しをしてくれるのでしょうか。

 

池内恵の中東通信」にも、下記の更新情報がアップロードされています。

トルコ・エルドアン大統領はイランへ、サウジ・サルマーン国王はロシアへ先日のクルドKRG独立を巡って急展開です。隣接国のうちトルコがイランに急接近したかと思えば、サウジは史上初めて国王が訪露。次の動きはどうなるか――。

 

そして本日の更新記事は、小泉悠さんの好評連載「サイバーウォー・クレムリン」第6回「インターネット『主権』に拘るロシアの『執念』」です。現実には難しいと分かっていても、ロシア政府はネットワークの世界をグローバルから完全に分断し、自国内だけで確立することに拘ります。その狙いとは――。

 

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top