Bookworm
Bookworm (11)

『オリバー・ストーン オン プーチン』評者:成毛眞

あの社会派監督が密着取材
北の帝王のもう1つの見方
 

 米国の社会派監督として知られるオリバー・ストーンは2015年から2年間かけてプーチン大統領に密着インタビューし、その模様を連続ドキュメンタリー番組として制作した。本書は放送されなかった素材を含めて書き起こしたものである。
 放送された直後のアメリカメディアの反感は強烈だった。ニューヨーク・タイムズは「呆れるほど寛大なインタビュー」と論評。CNNやワシントン・ポストを含む主要メディアはロシアのプロパガンダのような番組だったと批判した。
 ところが一般の米国人の評価はその真逆だったのだ。アマゾンでは80%の人が本書に五つ星を付けている。「反ロシアの雰囲気のなかで健康的な解毒剤」だとコメントするものも現れた。
 たしかに本書を読んでみると、プーチンはじつに魅力的なのだ。あのロシアの筋肉男は非常に聡明で、歴史や文学に通じ、政治や軍事の細かな事実や数字にも強い。ジョークもチャーミングで、なによりも知的であり、繊細に見える。そのリーダーとしてのイメージはトランプ大統領の正反対なのだ。
 もちろんインタビューではウクライナ情勢やチェチェン問題などについても語られている。その内容はわれわれが信じているものとは異なるものだ。どちらが正しいというよりも、少なくともロシアはそう見ているのだという認識を持つことはできる。
 残念ながら北方領土問題についてストーン監督は聞いていない。逆に言うと米ロ双方ともそれほど大きな問題だと思っていないということも知ることができるというわけだ。
 鈴木宗男氏の解説も非常に興味深く、翻訳もこなれていて読みやすい。参考文献も豊富であり、本書は手元において折々開くことになるかもしれない。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top