【火】「サウジアラムコ」企業価値、
   北朝鮮「核・ミサイル中止宣言」(上)(下)

執筆者:フォーサイト編集部 2018年4月24日
タグ: 金正恩

昨日午後、以下の2本の記事をアップロードしました。

「サウジアラムコ」内部評価でも企業価値「2兆ドル」には及ばず(エネルギーの部屋・岩瀬昇さん):ムハンマド皇太子がぶち上げた「2兆ドル」という企業価値、今度は当の「アラムコ」内部の評価も明らかになりましたが、それによると2兆ドルにはほど遠く、せいぜい……。

 

金正恩「核・ミサイル中止宣言」の衝撃(上)「並進路線」から「経済集中路線」へ(朝鮮半島の部屋・平井久志さん):朝鮮労働党中央委総会で金正恩党委員長が提示した「核開発・ミサイル実験の中止」「核実験場の廃棄」。その裏には、どんな意図が込められているのでしょうか。最新動向の分析です。

 

17時には、「トランプ『今日のつぶやき』」も更新しています。

 

そして本日の更新記事は、「金正恩『核・ミサイル中止宣言』の衝撃(下)『金ファミリー』傾斜と『取り残される』日本」(朝鮮半島の部屋・平井久志さん)です。金与正氏や李雪主夫人といった女性が表舞台に出てくることで、対話路線でのソフトイメージを作り出している北朝鮮。一方強硬姿勢を崩さない日本の立場は微妙なものに――。

 

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top