【水】訪朝「中国芸術団」、王毅訪日、
   米英仏「シリア爆撃」とロシア

執筆者:フォーサイト編集部 2018年4月25日
タグ: 金正恩

昨日午後、以下の2本の記事をアップロードしました。

金正恩も激賞した「中国芸術団」舞台演目に込められた「狙い」(中国・台湾の部屋・樋泉克夫さん):極秘訪中の返礼として習近主席が金正恩委員長に送った芸術団の公演演目、いったいどういう意図で選ばれたのでしょうか。実はそこには深い意味があるようです。

 

「米国牽制」で日本にすり寄ってきた「王毅外相」訪日(中国・台湾の部屋・村上政俊さん):就任から5年、2国間外交としては初めての来日を果たした王毅中国外相。その背景には対米関係の悪化をはじめとする、中国が抱える様々な事情がありました。

 

17時には、「トランプ『今日のつぶやき』」も更新しています。

 

そして本日の更新記事は、「米英仏『シリア爆撃』で『米露悪化』『中露同盟』どうする日本」(ロシアの部屋・名越健郎さん)です。元スパイ襲撃事件での外交官追放にシリア爆撃で、欧米との対立が深刻化。そのうえ株価に通貨の暴落と踏んだり蹴ったりのロシアにとって、頼みの綱は中国? 日本?

 

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top