「発泡酒」の味:カンヌ是枝監督『万引き家族』への疑問符(下)

執筆者:長谷川康志 2018年8月16日
エリア: 日本
カンヌに勢ぞろいした「万引き家族」の面々。左からリリー・フランキー、佐々木みゆ、安藤サクラ、是枝裕和監督、樹木希林、城桧吏、松岡茉優(C)AFP=時事

 

『万引き家族』(原案・監督・脚本・編集=是枝裕和)は、本稿(上)で述べた3つの出発点の延長線上にある。

 画面を作るテクニックはいよいよ磨きがかかった。例えば、終盤で治と祥太が信代に面会するシーン。信代は祥太を攫った場所を本人に告げるが、この切り返しでカメラは両者の目線をまたぐ。ほかにも鏡や反射の効果、治と祥太が連れてきた少女・じゅりのシーンに登場する球体、オレンジ色の果実の反復使用、電車や船の通過といった動きの設計、衣裳を含めた記号論的配色など、暗示の技術は世界的水準と言える。夏に夕立が降り出すカットの、ふと暗くなる感じなどはスタッフ同士の連携のたまものだろう。フィルム撮影なので火の色はキレイに出た。その一方、夏のシーンで庭に面した網戸を開け放しているなど、おかしなディティールがあるのも相変わらず。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
長谷川康志 1978年横浜生まれ。映画批評家。酒豆忌(中川信夫監督を偲ぶ集い)実行委員。2012年より『映画論叢』(国書刊行会)にて「デジタル過渡期の映画上映」を連載中。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top